家事コラム掃除
vol.56( 2020年01月09日 公開)

加湿器のタンクの中は、実は、雑菌がいっぱい?!

  • facebook
  • twitter
  • line

乾燥しやすいこの季節、乾燥対策に加湿器が欠かせませんよね! しかしながら、加湿器の掃除やお手入れを定期的に行わないと、加湿器のタンクの中は、雑菌でいっぱいになり、人体に影響を及ぼしてしまうということをご存知でしたか?

加湿器病とは

加湿器のタンクのお水を捨てずに継ぎ足してそのまま使い続けてしまうと、カビなどの雑菌が繁殖しやすくなり、臭いやヌメリの原因にもなります。
それが加湿器により、空気中に放出され、発熱や咳、全身の倦怠感などいったアレルギー症状を引き起こしてしまうのが、加湿器病です。
症状がひどくなると、呼吸困難を引き起こすなど、重篤な症状に発展する危険性もあります。

加湿器病にならないために・・・

加湿器内に水を残さず、清潔に保つことが加湿器病対策には効果的です。

・水道水を使用する。

・タンク内やトレーや受け皿に残った水は毎日捨てて、よく乾燥させる。

・フィルターやタンク、通気ノズル等、周辺の清掃を1週間に1回は行う。

加湿器の雑菌を即効除菌できるUYEKIの「加湿器の除菌タイム」はおススメです!
給水時にタンクの中に入れるだけで手軽に除菌し、ヌメリや臭いを防ぐだけではなく、レジオネラ菌にも効く優れものです。

加湿器を上手に使い、風邪などに負けず、この冬を元気に快適に過ごしましょう!

共有のお願い

このコラムは誰かの役に立ちそうと思っていただけましたら
是非共有をお願いします。運営者のモチベーションにもつながります。

  • facebook
  • twitter
  • line

関連コラム