衣類用洗剤、お掃除用洗剤、ダニ対策品のUYEKI(ウエキ)

お客さま相談室(お問い合わせ)

English

中文

UYEKI

  • HOME
  • 商品情報
  • 家事コラム
  • UYEKIラボ
  • 会社情報
  • 採用情報
  • オンラインショップ

日用品

固める油コックさん

かきまぜるだけで天ぷら油が植物性の石けんに。

固める油コックさん(2個入)

特長

  • 使用済みの天ぷら油がかき混ぜるだけで植物性の石けんとして再利用できます。
  • ゴミの軽減がご家庭で簡単にできます。
  • 常温で処理できるので安全です。
  • 小学校の自由研究にも!

商品ラインナップ

固める油コックさん
(2回分)

仕様

原産国 日本
成分 A剤:脂肪酸系界面活性剤 B剤:オルトケイ酸ソーダ

ご使用方法

【ご用意いただくもの】
・冷めた状態(約50℃以下)の油・約300cc(あらかじめ天カスなどを取りのぞいておいてください。)
・油をかきまぜる棒。(例えば、ワリバシ2~3本を輪ゴムでたばねたもの。)
 
1、カップの包装フィルムをはがし、A剤(2袋)B剤(2袋)を取り出します。
・カップ内側のフィルムは取り出さないでください。
2、カップに廃油を注ぎます。
・カップ内側の目印(約300cc)まで注いでください。
3、A剤(1袋)をカップに入れ、よくかきまぜます。
4、B剤(1袋)をカップに入れ、油に粘りがでるまで(5分程度)、よくかきまぜます。
・B剤はカップの底に沈みますので、下から上へ持ちあげるように、まんべんなくかきまぜます。
・B剤と油がよくまざる程、良い石けんができます。
 5、そのまま室内で3~4日放置します。
・冬場など室温が低い(約10℃以下)ときは、5~6日放置してください。
・廃油のニオイが気になる方は、2週間以上放置してください。廃油臭が少なくなります。
 6、石けんが固まったら、カップを逆さにして石けんを取り出します。
・カップをもむようにほぐすと取りだしやすくなります。
・フィルムをはがして完成です。
 [2回目も手順は同じです。]
・フィルムなしのカップに廃油を注いでご使用ください。
 
●石けんの上手な使い方
1.石けんの使い方とご注意
食用油(植物油)からつくっていますが、皮膚の弱い方には手荒れの原因になる恐れがありますので手袋の着用の上ご使用ください。 
2.こんな用途におすすめします。
食器洗いに、流し台やレンジまわりのお掃除に、衣類のえり・そでなどの部分洗いに、体操服・子供服のドロ汚れに、ズック洗いに、手洗いに。 
3.石けんは適当な大きさに切ってお使いください。
みかんのネットなどに入れて使うと便利です。   

ご使用上の注意

  • 幼児のシャボン玉遊びやいたずらに注意し、手の届く所に置かない。
  • 用途以外に使用しない。

家事コラム

洗濯 vol.30(2017年04月18日更新)

塩山奈央さんの「ドライニングのこと」

UYEKIラボ

ページ先頭へもどる