衣類用洗剤、お掃除用洗剤、ダニ対策品のUYEKI(ウエキ)

お客さま相談室(お問い合わせ)

English

中文

UYEKI

  • HOME
  • 商品情報
  • 家事コラム
  • UYEKIラボ
  • 会社情報
  • 採用情報
  • オンラインショップ

家事コラム

掃除vol.35(2017年12月06日更新)

寒いからこその大掃除!

今年も早くも12月に入りました。 先日過ぎ去った11月の勤労感謝の日。この日は、古くは「新嘗祭」と呼ばれ、秋の収穫を祝う宮中行事が行われていました。 同じく平安から続く年末の行事と言えば、「煤払い」。そう、現代の「大掃除」です!

煤払いとは、一年の煤を払って新しい年の歳神様をお迎えする日本の習わし。
そんな神様のためとは言え、忙しい年の瀬。海外では大掃除を春に行う所もあるそうで、
それに習ってつい先延ばしにしたいなあ...などと思わなくもありませんね。
冬は寒いし、水は冷たく、油汚れも固まってしまいます。
本来大掃除には向いていないのかも...。

でも、この大掃除。冬には冬の利点があります!
それは、乾燥している方がホコリが取りやすいということ。
普段のお掃除でもきちんと払っている方も多いかもしれませんが、棚の上やカーテンレール、ランプシェードなどなど...普段は手が届きにくかったり、面倒で後回しにしていた部分もありがちです。
ホコリ掃除で守りたいのは、お掃除の基本「上から下へ」。そして、「風上から風下へ」。
掃除し終えた場所にまたホコリが積もることのないように、気を付けて行きたいですね。

高い所や卓上などには、ハンディモップやホコリ取り用のシートが便利。
フラットな場所には、平たい形状の物がホコリの吸着もよく使いやすいです。シートタイプなら手で拭く物も扱いやすく、細かいホコリまできれいに拭き取ることができます。
円筒状のモップなら、斜めになったシェードや物の多い棚の上など、複雑な形状にも適しています。コード類の集まる場所でもスッと間を通すことで、埃を根こそぎ取ってくれますよ。ただし、フラットタイプよりも少しホコリを取り落としやすいのが欠点。そのための、上から下へ、徹底です!

上からホコリを落としたら、最後は床掃除。
掃除機でもいいのですが、吸い込んだ空気の排気でどうしても埃が舞ってしまいます。フローリングならば、はじめにざっとかけるだけにして、あとはモップやほうきを使って行きましょう。

ホコリをすっかり取り終えたら、軽く水拭きをして仕上げれば完ぺき。
ここでひと工夫! 柔軟剤を少し加えた水で拭いておくと、ホコリが溜まりにくくなります。と言うのも、柔軟剤には静電気防止の効果があるから。電化製品の周りなど、静電気の起きやすい場所には特に効果的です。ぞうきんが濡れ過ぎていると拭き跡が残ってしまうので、固く絞るか半渇きくらいで拭き取るのがいいですよ。
フローリングの拭き掃除には、WAX成分配合のスプレー、スーパーオレンジフローリング用もおすすめです!


さて、大掃除の前にはまず道具を揃えておきましょう。
準備が足りなかったりすると二度手間になるばかりか、時間が無くなって中途半端になってしまったりします。
事前にきちんとスケジュールを立てて、無理のない目標を立てることが大切。
きれいになったお部屋を想像して、ワクワクした気分でお掃除をはじめましょう!

UYEKIのオススメ商品

スーパーオレンジ(住居用)

ガンコな汚れも強力洗浄!!オレンジの皮からていねいに抽出した天然オレンジオイルをたっぷり配合。生分解性も99%なので地球にもやさしい。
これ一本で家じゅうピカピカ。

スーパーオレンジフローリング

汚れを落としてワックス効果!
フローリングの質感を保ちキレイが長持ち!
消臭・除菌効果+撥水効果で水も汚れもブロック!

家事コラム TOPへもどる

ページ先頭へもどる